相互リンク募集中!

当サイトはトップページ相互リンクを募集しています。ページランクの高い当サイトと相互リンクしませんか?
詳細はこちら

SEO対策とは

SEO対策とは検索エンジンにあなたのウェブサイトをヒットさせる技術のことです。
ロボット型エンジンは、無数に存在するウェブページのひとつひとつを、多様な判断基準を用いて評価していますが、大きく分けて、2つの側面から評価を行っています。

ページ内要因

ページ内要因というのは、評価対象となるそれぞれのウェブページの中に存在する要素のことです。たとえば、含まれているキーワード、キーワードの位置、キーワードの出現頻度、強調の有無、タイトルタグに含まれる文字列情報、画像のalt属性に記述された文字といった要素です。
1990年代後半まではページ内、特にメタタグと呼ばれるウェブページの要約と関連キーワードを記述するタグの中に、検索してもらいたいキーワードをいれておけば簡単に上位表示を獲得できるという現実がありました。
当時のロボット型検索エンジンはページ内要因だけを見て個々のページの判断をしていたのです。
しかし、その結果、無数のキーワードを埋め込んだり、ページの内容とは無関係のキーワードを並べたりという悪質なサイトが上位に表示されるという事態を招くことになったのです。
このような検索結果を回避するために登場したのが、ページ外要因による評価方法です。

ページ外要因

Googleは「多くの良質なページからリンクされているページは、やはり良質なページである」という考えをもとにしています。そしてページの中の要素にはあまり重きを置かず、むしろ、

を高く評価し、上位表示するようにしました。
そしてこのページ外要因による評価方法の導入は非常に効果的でした。その結果、ユーザーが満足する検索結果を提供することに成功し、世界検索シェア50%という地位を築いたのです。
その結果検索エンジンに自分のサイトを高く評価してもらうためには、検索エンジンに自分のサイトを正しく認識してもらえるようなページ作り(ページ内要因)とともに、他のサイトからリンクしてもらえるような(ページ外要因)サイトをつくらなければいけないということになのです。

SEO対策NOWでは、これらSEOに関する情報を発信しています。

時に西暦2015年、SEOにおいては検索エンジンの性能向上もあり、なかなか難しくなってきているのが現状です。そうした中で、被リンクの重要性というのもサイトによって変化しつつあるといえるでしょう。

トップページ相互リンク

SEO対策NOWでは、トップページ相互リンクを募集しております。
詳しくは相互リンクについてをご覧ください。

最近のSEO事情

昔のGoogleは、ただターゲットをひたすら連続して並べただけのページですら上位に来てしまったりしていますが、今は決してそんなことでは上位表示は狙えなくなりました。というのも現在のSEOは何度もアップデートを実行し、検索した人に対して有益となる情報を提供できるように非常に工夫されるようになったためです。現在、Googleがサイトの価値を決定する手段としては、「被リンク」「コンテンツとその出現ワード」「ランクブレイン」という3つの要素が利用されています。「被リンク」はこの中で未だ重要な役割を担っています。が、それに加えてコンテンツそのものや、そのコンテンツに対して検索キーワードを結びつける「ランクブレイン」も重要視されているのです。

おすすめ弁護士サイト

ページランク6のサイト

ページランク5のサイト

ページランク4のサイト

ページランク3のサイト

ホームへ 相互リンクについて 相互リンク登録 プライバシーポリシー お問い合わせ