問題(トラブル)・悩み系に関するキーワード

商品やサービスはさまざまなジャンルに分けることが可能ですが、ジャンルによるキーワードのほかに悩み・トラブルでのキーワードが考えられます。
たとえば加齢による肌の衰えの問題。
商品の購入を前提とした前向きなキーワード、たとえば
アンチエイジング アイジェル
美容クリーム
といった言葉を入力する人がいる一方で

シミ
シワ
たるみ
といった現状の問題(トラブル)を解決したいという思いからキーワードを入力する人がいます。このようなキーワードを入力する人たちは、商品を購入したいという強い気持ちにはいたっていませんが、現状のトラブルを解決したいと思っている人たちですから、見込み客となってくれる人ということになるのです。

ですから、キーワードを考えるときには、

だけではなく

の両方の側面から考えるクセをつけましょう。見込み客がどのようなタイプの人なのかを連想してみるとおのずと出てくるのではないでしょうか?

BACK | HOME | NEXT

ホームへ 相互リンクについて 相互リンク登録 プライバシーポリシー お問い合わせ