利便性

いくら、良いコンテンツを用意できたからといっても、サイトを訪れたお客さんが求めている情報に瞬時にたどりつけないようでは、意味がありません。
お客さんが一瞬で判断できるようなカテゴリ分類、細かい見出し分け・ページ分け・工夫された改行などを使って、情報にたどりつくまでにストレスがかからないような工夫も必要でしょう。
整理されていない情報を羅列しただけのサイトはお客さんからも検索エンジンからも嫌われてしまうのです。

行動させる

客層を絞り込んで集客もした、売りも強みも理解して営業戦略をたて、お客さんを誘導し、安心感・信頼感もアピールできたとしても、お客さんが実際に行動をおこしてくれなければ意味がありません。
お客さんは思った以上に腰が重いのです。ただ「問い合わせをする」というだけでもずいぶんためらうものなのです。
あなたの会社にあった、そしてあなたのHPの内容にあった行動を選択できるように仕掛けることが必要です。
期間限定のセール、無料サンプルの請求、関連商品のプレゼント、カタログ請求などを利用して、できるだけ多くの問い合わせにつなげていくのです。

BACK | HOME | NEXT

ホームへ 相互リンクについて 相互リンク登録 プライバシーポリシー お問い合わせ